音楽を流しながらの葬儀という形

2019年11月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽と葬儀を関連付けるのが、最近の自由葬です。「自分のときにこの曲を流してほしい」など、生前に希望する方もいらっしゃいます。中には、読経を伴わずに音楽を中心に新しい形式が話題を集めています。これは、国際結婚による文化の違いも大きいようです。故人の希望を会葬者が理解してくれることもポイントでしょう。尊重されるのはやはり家族葬であり、自由葬です。故人とゆかりのある音楽をBGMとして流すのですが、趣味や趣向によってはピアノや合唱など、生演奏による葬儀も行われています。

続きを読む

プロフェッショナルの方に質問をしましょう

2019年10月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お葬式サポートを行う業者のスタッフの方は、当然ですが、葬儀に関してはプロフェッショナルです。葬儀に関しての質者をすれば、基本的には何でも的確に答えてくれるでしょう。一般の方は葬儀に関しての知識を普段から持ち合わせているということはありませんので、知識や情報が必要な時にはプロフェッショナルの方にどんどん質問をするほうがよいでしょう。優秀な業者のスタッフという存在は、仕事がテキパキと機敏であったり、安価でサービスを提供できることだけが条件ではありません。

続きを読む

気持ちの整理をつけるための大切な風習です

2019年09月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀に関する業者への質問は、しっかりと対応してくれます。なぜなら、プロフェッショナル集団であり、あらゆるケースのノウハウが蓄積されているからです。相場は地域によって異なり、語り継がれている風習が大きく関係しています。文化の違いが如実に現れ、独自の文化が根付いています。身内や近所の方に相談することで、あらかじめ理解を深めることが可能になります。故人がなくなる前にきちんと意思を確認しておくと、流れがスムーズになります。

続きを読む

葬儀における埋葬方法の決め方とは

2019年08月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀というのは基本的にやってもやらなくても自由ということになります。その規模に関しても自由です。やってもやらなくても自由というわけですからその規模に関しても特に制限があるというわけではないです。いきなり火葬するということも別に悪いわけではありませんのでその点については、特に問題がなかったりもするのですが問題は埋葬方法になります。まず、前提として火葬をするということです。火葬をする事に関しては義務です。

続きを読む

逝去から葬儀までこの日程では多いのは

2019年07月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それはまだまだ自分には関係ないというのは間違っています。人間は生まれてくれば必ず天国へ召される日がやってくる運命です。そのことが大変恐ろしいので、人々は葬式の話になると笑ってごまかすのでしょう。ですが一社会人として、考えておかなければならないのは、葬式にかかる期間のことです。それはだいたい何日くらいかかるのでしょうか。ある統計によりますと、逝去から葬式までこの日程では、4日から5日というのが一番多くて40%を占めています。

続きを読む

pagetop